FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←第57話 雪風、物語の外に見出すの事 →第59話 理解不理解、盤上の世界
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  • 【第57話 雪風、物語の外に見出すの事】へ
  • 【第59話 理解不理解、盤上の世界】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「雪風と風の旅人」
それぞれの選択

第58話 雪風、古き道を知り立ちすくむ事

 ←第57話 雪風、物語の外に見出すの事 →第59話 理解不理解、盤上の世界
 ――アンスールの月・ティワズの週、虚無の曜日。

 つい先程まで、心地よい微睡みの中にいたタバサは、そこから突然追い出されたことに驚き、きょろきょろと周囲を覗った。ここは、親友のキュルケが用意してくれた屋敷の一画。今、自分がいるのは――その部屋に置かれたベッドの中だ。

 ああ、そうか。さっきまでわたしがいた場所は、やはり夢幻の中だったのだ。それに気付いたタバサは、思わず涙を零しそうになった。ところが……そんな彼女の身体を、ふいに暖かなものが包み込んだ。

「どうしたの? シャルロット。また、怖い夢を見てしまったのかしら?」

 それは、オルレアン公夫人の柔らかい両腕であった。

「母さま……」

「大丈夫。今こうして、あなたの目の前にいるわたくしは、夢が創り出した幻などではありませんよ。あなたと、あなたのお友達が助けてくれた、正真正銘……本物の母です」

「母さま……ッ」

 夢じゃない。わたしを包んでいるこの温もりは、正真正銘――本物なのだ。タバサは、目の前にいる母の身体を、自分の細い両腕で……ぎゅっと抱き締め返した。

 タバサの母、オルレアン公夫人を『魔法薬』から救い出してから、既に6日が経過していた。幸いなことに、夫人には薬による後遺症などは一切なく、身体面についても――やや体力が衰えてこそいたものの、健康体といって差し支えない状態であった。オルレアン公家に仕える忠実な従僕、ペルスランの長きに渡る献身的な看護が、夫人がさらなる病魔に晒される危機から護っていたと言っても過言ではないだろう。

 仲間たちとフォン・ツェルプストー家の好意で、タバサたち母娘はあれからずっと寝所を共にしていた。これは、オルレアン公夫人とタバサ、双方の心身を安定させる上でも必要な措置であった。

「さあ、シャルロット。もうすぐ朝食の時間です、身支度を整えましょう。皆様をお待たせしてはいけませんからね」

「はい、母さま」

 母娘は、もう一度だけ抱擁を交わすと、ベッドからゆっくりと起き上がった。


 ――ハルケギニア北部の国ゲルマニアの西端、フォン・ツェルプストー家の離れにあるダイニングルームで、仲間たち全員と従僕のペルスラン、そして焼きたてのパンが漂わせる芳ばしい香りが、タバサたち母娘を出迎えた。

「奥さま、お嬢さま。どうぞこちらの席へお着きください。本日の朝食は、白パンと、茸のシチューでございます。ワインのほかに、しぼりたてのミルクと発泡酒もご用意いただいておりますので、いつでもお申し付け下さいませ」

 スッと椅子を引いて、ふたりに着席を促したペルスランがそう告げると、オルレアン公夫人は忠実な従僕の顔を見て柔らかく微笑んだ。それから、対面にいるキュルケとふたりの同席者――太公望とコルベールに向かって、改めて礼を述べた。

「ツェルプストー家の方々には、本当に良くしていただいて、感謝致します。こうして親子揃って食卓を囲むことができるのも、こちらにいる皆様方のおかげです」

 オルレアン公夫人は、ゆっくりと……だが、確実に昔を取り戻しつつあった。柔らかいパンを口に運び、暖かなシチューで胃を満たすと、参加者全員の顔がほころび、自然と言葉が交わされる。

 話題を周囲に振りまくのは、主にキュルケであった。タバサの過去などについては一切触れず、魔法学院での思い出や、みんなでピクニックに出かけたことなど、楽しくも他愛ない話がほとんどであった。そして、そんな話を……オルレアン公夫人は、にこにこと優しい笑みを浮かべながら、実に嬉しそうに聞いている。

 ゆったりと、静かで、幸せな時間が流れていた――。

 しかし……いつまでもこの屋敷に、夫人と従僕の老人を留め置くことはできない。キュルケや彼女の父親は、ガリアの情勢が定まるまでの間、主従揃って屋敷に逗留してくださっていても構わないとまで言ってくれたのだが……だからといって、その好意に甘え続けるわけにはいかないのだ。

 フォン・ツェルプストー家にこれ以上の迷惑をかけないためにも、出来うる限り早く、ここから立ち去ったほうがいい――母の治療にとりかかるずっと以前から、それを念頭に置いていたタバサは、太公望に相談した結果――ゲルマニアの首府・ヴィンドボナに母とペルスランの住処を構えるべく動いていた。

 太公望曰く『木を隠すなら森の中』。こそこそしていては、かえって目についてしまう。もちろん、夫人とペルスランの身元がわからぬよう、ある程度の細工は必要であったが――ツェルプストー家の助力もあり、それら各種問題についても、既に解決の目処が立ちつつあった。

 これで、母さまたちの安全は確保できた。あとは、残るもうひとつの目標――ガリア国王ジョゼフの首を討ち取りさえすれば、父さまの無念を晴らすことができる。そうすれば、全てが終わる。笑みに溢れた母の横顔を見ながら、決意を新たにしたタバサであったが、しかし。それは、その夜語られたオルレアン公夫人の言葉によって、大きく揺らぐこととなる。


○●○●○●○●

 ――その日の夕刻。

 タバサは従僕のペルスランだけを伴うと、体調への配慮から早めに夕食を済ませ、先に寝室へと戻っていたオルレアン公夫人の元を訪れた。

 正統な王座だけではなく、その命までをも奪われた父の無念を晴らしたい。でも、病から回復したばかりの母にそのようなことを告げて、心配をかけたくはない――。

 当初はそのように考えていたタバサであったが、しかし。

「わたしがあなたのお母さまだったら、話してもらえないことのほうが悲しいわ」

 今後に関する相談を快く受けてくれた親友キュルケと、そんな彼女に――より現実的な意味で――同意した太公望とコルベールの勧めによって、自分の胸の内全てを母に打ち明けることを決心したからだ。

 ところが、そのオルレアン公夫人の口から告げられた衝撃の事実が、タバサとペルスランを徹底的に打ちのめした。

「簒奪じゃ……ない……?」

 タバサは、思わず耳を疑った。何かの間違いだ、そう叫び出しそうになった。

「奥さま!? お嬢様の御身を気遣って、そのようなことを仰っておられるのですね!? どうか、そうだと言ってください!」

 母娘の側に控えていた従僕ペルスランも、夫人の言葉を聞いて顔色を変えた。それはそうだろう、彼はずっとオルレアン大公家を襲った悲劇について、現在ガリア国内で流布している噂に加え、現国王ジョゼフ一世が魔法を使えないがゆえの逆恨みから行った非道であったのだと、これまでずっと信じ続けてきたのだから。

「シャルロット。あなたは、これまでいったい何と聞かされていたのです? 父上の死や、わたくしたち家族の処遇について」

 憂い顔でそう問うたオルレアン公夫人に、タバサは震える声で答えた。

「ジョゼフ伯父が、オルレアン大公……父さまに、わたしや母さまを殺すと脅すことによって、王位を諦めるよう迫っていたのではないかと。でも、ジョゼフが王座についた後で……脅迫が明るみにでることを恐れたジョゼフとその一派の手にかかって、父さまは暗殺されたのだと……」

 それを聞いた夫人は、悲しそうな顔をして、首を横に振った。

「いいえ、それはありません。もしもそのような事実があったのならば、あのひと……オルレアン公ならば、まずわたくしたちを保護するために動いたはずです。でも、そのようなことは一切ありませんでした」

「でも、御祖父さまは、病床にありながら父さまを次期国王に指名したと」

 必死に言葉を繋ぐタバサを、しかし夫人は言下に否定した。

「いいえ。あのとき間違いなく、陛下は皇太子ジョゼフ殿下を指名なされたのです。わたくしは、実際にそれを聞いています。ほかならぬ、オルレアン公そのひとの口から。次の王は義兄上に決まった、父上からそう告げられた……と」

 タバサは、自分の足元が突然がらがらと崩れ去っていくような衝撃に見舞われた。

 何故なら彼女は、ずっと信じていたからだ。現ガリア国王ジョゼフ一世は――本来、王座に在るはずであったタバサの父親を暗殺して王位を簒奪したのみならず、怖ろしい薬によって母を狂わせ……さらには、自分たち家族に反逆者の汚名を着せ、その地位を徹底的に貶めた、正真正銘の『狂王』なのだと。

「そんな馬鹿な! ならば、どうして罪なきご主人さまが、ジョゼフ王の手によって害されねばならなかったのです!?」

 泣き声といって差し支えない叫びを上げたペルスランに、夫人は静かに……まるで幼子を諭すかのように告げた。

「全く罪がなかったわけではありませぬ。あのひとは、自分が国王の座につくために、影で色々と動いていましたから。我が大公家でそれを知っていたのは、このわたくしだけです。実際、オルレアン公が行った裏工作のせいで、ガリアは――勢力を二分した戦争が起こる寸前だったのですよ」

 当時を思い出したのであろう、オルレアン公夫人の顔が暗く陰った。

「その証拠に、あのひとが亡くなった直後……大勢のシャルル派に属する貴族たちが、わたくしに決起を促してきました。おそらく彼らは、先王陛下の遺言状が読み上げられた直後から、挙兵の準備を進めていたのでしょうね。王位は魔法の才能溢れるシャルル王子こそが継承すべきである。そう宣言した上で、オルレアン公を旗頭に――ジョゼフ王を追い落とすために」

 オルレアン公シャルルが暗殺された翌日。公邸周辺は、シャルル派の貴族たちが擁する大勢の兵士達で溢れかえっていた。前もって用意していなければ、あんなに早く兵を動かせるはずがない。そう淡々と告げる母に、タバサは震えながら問うた。

「御祖父さまの……遺言状?」

「ええ。先王陛下の葬儀の席で、リュティス大司教が『始祖』の御名において読み上げた遺言状です。次王に皇太子ジョゼフを定めると。臣下の者たちは、これをよく補佐するようにと書かれていました」

「奥さま! その遺言状が、偽造されたものであるという可能性も」

 ペルスランの必死の訴えを、しかし夫人は遮った。

「リュティス寺院の大司教が預かっていた、亡き国王陛下直筆の遺言状ですよ。そのようなものを偽造したとなれば、たとえ王族といえども大逆罪に問われます。遺言状が本物だったからこそ、これまで問題とされなかったのではないのですか?」

 ――先代国王直筆の遺言状。そんなものがあったこと自体、タバサは知らなかった。いや、正確に言うなれば、彼女は覚えていなかっただけなのだ。葬儀の当日……当時まだ幼かったシャルロット姫の心は、優しい祖父を亡くした悲しみで、いっぱいになっていたから。

 もしも、遺言状の存在を知っていたら。タバサは真っ先に確認したはずだ。それが偽物だった場合、自分たちの正当性が増す。そう……現国王打倒のための、切り札にすらなりえたからだ。

 そして、聡いタバサは気付いてしまった。母さま以外にも、その遺言状の存在を知る者たちは大勢いたはず。にも関わらず、今に至るまでそれらの話が、一切耳に入ってこなかったということは――つまり、それが本物だったがために――シャルル派に属する貴族たちが、現王に反旗を翻すための材料たりえなかったことになる。

「いいえ……嘘よ……そんなことって……」

 信じられない。いや、信じたくなかった。もしや、薬の後遺症で母はこのようなことを言っているのではないか。そこまで考えてしまったタバサであったが――しかし。首を左右に小さく振りながら、全身から一挙に血の気が失せてしまったかのように、ふるふると身体を震わせ続けている愛娘へ、オルレアン公夫人は静かな声で語りかけた。

「シャルロット。あの日……ジョゼフ王が座す宮殿へと向かう馬車の中で、母はあなたにこう言ったはずです。もしも、無事に明日を迎えることができたなら。その時は――間違っても、わたくしたち両親の仇を討とうなどと考えてはなりませぬ……と」

 その言葉に、タバサはビクリと身体を震わせた。確かに、母からそう固く念を押されていた。だが、タバサはそれに従わず、復讐の道を歩むことを選択したのだ。それこそが自分が生きている意味だと、頑ななまでに信じていたから。

「もしも、あなたが起てば――間違いなく、多くの血が流れることになるでしょう。なればこそ、わたくしは公の仇を討てと猛る貴族たちを鎮め、ジョゼフ王が催した酒宴に出席したのですよ。そうすれば……最悪でも、失われるのはわたくしたち家族全員の命だけで済む。そうなれば、国を分かつことなく……全てが終わると考えたからです」

 タバサは、脳天を鈍器で殴られたような衝撃を受けた。母さまは――王族の一員として、国の安寧を維持するために、自分の身を捧げたのだ。娘であるわたしの命すらも。そうだ、あの時……母さまは、上座についていたジョゼフ王に、こう言ったではないか。

『わたくしだけでご満足ください。なにとぞ、娘だけはお救いくださいますよう』

 オルレアン公夫人は、愛娘の側へゆっくりと歩み寄ると――彼女の顔を、両の手で包み込み、その中にある碧眼をじっと覗き込みながら、毅然とした声で告げた。

「誰かを恨むのならば……そのような選択をした、このわたくしを。夫の行為を知っていながら止めることができなかった、この母を恨みなさい」

 夫人はタバサの身体をひしと抱き締めると、涙声で訴えた。

「シャルロット。今のわたくしには……もう、あなたしかいないのです。どうか、父の仇を討とうなどという愚かな真似はやめてちょうだい。もうこれ以上、大切なひとを失う悲しみを味わいたくなどありませぬ」

 タバサは母に抱かれながら、その声をただ聞いていることしかできなかった。

「わたくしは、国を乱すことなど望んではいないのです。この母を、臆病者だと憎んでくれても一向にかまいません。だから、お願い。復讐など、もう考えないで……」

 母さまの言葉が全て真実ならば、わたしがしようとしていたことは――歩もうとしていた復讐の『道』は、根本から間違っていたということ? そう思った瞬間。彼女の胸の内で、水の精霊に誓ったそれの中心に、大きなヒビが入った。


○●○●○●○●

 ――母親から衝撃の告白を受けた、その翌日。タバサは、全てを語った。親友である赤毛の少女のキュルケと、自分のパートナー・太公望、そして恩師たるコルベールに。その後、彼女が全てを話し終えるまで、ただ黙って耳を傾けていた太公望は、静かな声で尋ねた。

「それで……おぬしは、どうしたいのだ?」

 父の仇を討つために、今までと同様にひたすら復讐へと突き進むか。それとも、家族と共に平穏無事な生活を営むことを選ぶか。タバサはそのどちらに対しても、頷かなかった。

「わたしは、知りたくなった。この事件に隠された真実を」

 タバサは、とつとつと語り始めた。ずっと昔……まだ幼かったころの思い出と、現在胸に抱いている想いを。

「ジョゼフ……伯父さまは、昔はとても優しかった。父さまとも仲が良くて、よくお屋敷の中庭にあったポーチで将棋(チェス)をやったり、一緒にお酒を飲んだりしていた。大きな手で、わたしの頭を撫でてくれて……いつも、街で人気のお菓子をいっぱい、シャルロットへのお土産だって言って、持ってきてくれた」

 綺麗な包み紙にくるまれたお菓子の山を置いて、笑顔で幼い自分を抱き上げてくれた伯父の力強い腕の感触を、タバサは思い出した。心の奥に封印していた、優しい記憶――。

「そんな伯父さまが、何故あんな風に豹変してしまったのか。どうして、父さまは死ななければならなかったのか。母さまの言葉が真実だとするならば、今までわたしが聞いてきた、数多くの噂話はなんだったのか。いったい何が正しくて、どれが間違っているのか……何もかもわからなくなってしまった」

 子供の頃は知らなかった父親の姿。母の言葉が本当なら――タバサは俯いた。

「だからわたしは、知らなければならない。今まで、あまりにも無知なままだった。わたしは、父さまを失った悲しみと復讐心に囚われて――目と耳を塞いでいたのだと思う。そのせいで、母さまが自分の命を賭けてまで行った……無駄な血を流さないための決断を、危うく台無しにするところだった」

 俯きながら語るタバサの瞳は、いつしかじんわりと光るもので滲んでいた。

「できるだけ他人に迷惑をかけずに、父さまの仇を討つ。腕を磨いてジョゼフ王の側に近付けば、きっとそれができる。わたしはそう考えていた。そこで思考を停止させてしまっていた。実際には、関係のない大勢のひとを巻き込む寸前だったのに」

 母の言葉が絶対の真実であるならば。確かに父は――国王への逆心ありと判断され、内紛を起こす前に処断されてもおかしくない。それだけのことをしているのだ。むしろ、今まで母と自分が生かされていたこと自体が奇跡にも等しい。

「それなのに……ジョゼフ伯父さまは、反乱勢力の御輿となりうるわたしを、どうしてあの場で殺さなかったのか。あるいは、どこかへ軟禁しようとしなかったのか。何故、母さまにあのような薬を飲ませたのか――わたしには、どうしてもわからない」

 ――もしも、それが肉親への情ゆえにということならば。今の自分たちへの扱いは、いったいどういうことなのか。そして、彼ら一族から向けられてくる悪意は、魔法の才能への嫉妬以外にも、ひょっとすると何かあるのではないか? 正直なところ、タバサにとって、ジョゼフ王の行動には謎が多すぎた。

「父さまが暗殺されたという事実は変わらない。でも、どうしてそれが行われたのか……わたしは、本当のことが知りたい。確かめたい。でも、直接ジョゼフ王を問いただすわけにはいかない。母さまが、嘘を言った可能性も否定できないから」

 残念ながら、真偽を判断するための材料が、現時点ではあまりにも少なすぎる。そう呟いたタバサへ、キュルケは言った。

「それなら、必要な情報を集めなきゃいけないわね」

 コルベールも「ふーむ……」と首をかしげながら同意した。

「しかし、相当な難問であることは確かですぞ」

 キュルケとコルベールの言葉に、タバサはこくりと小さく首を縦に振った。

「そのためには、北花壇騎士のままでいることが、逆に助けとなる。だから……」

 タバサの言葉に、さもありなんと太公望は頷く。

「うむ。そういうことであれば、わしも花壇騎士団へ所属できたことを、好機と捉えることができる。とはいえ、現状のままでは少々手詰まり感があるのも事実だ。まったくもって面倒なことではあるが、この機会にいろいろと探っておくとするかのう」

 母親から告げられたことを、全て鵜呑みにはできない。いや、したくないと思う自分が心の中に住んでいる。だからこそ、わたしは真実を知りたいと願うのだ。そんな子供じみたわがままに、また彼らを巻き込んでいる。それを自覚したタバサは、深く頭を下げた。

「ごめんなさい。わたしは、本当に迷惑ばかりかけている」

 だが、そんなタバサの心からの謝罪を、太公望とキュルケは笑い飛ばした。

「それはお互い様だ。そもそもこれは、わし自身の判断の甘さから生じた事柄でもあるからのう」

「ねえ、タバサ。あたしはね、好きでやっているのよ? いまさら、そんなこと気にしないでちょうだい」

 残るコルベールも、苦笑しながら彼らに追随した。

「新たな『道』を歩もうと決意した生徒を、こうして後ろから支えるのも……私たち教師の役目ですからな」

 そう言って、3人はタバサに向けてすっと片手を差し出した。それを見たタバサは、今にも泣き出しそうなまでに顔を歪めると――その小さな両手で、頼もしき仲間達の手を取り、ぎゅっと強く握り返した。

 ――その日の夜。

 与えられた部屋に籠もり、タバサたちは改めて情報精査を行った。

 それは、もちろんオルレアン大公家と現王家の間に起こった衝突について、これまでに入手している情報に関することだ。そして現在は――先日判明したばかりの重大な懸念事項について、検討を重ねていた。

「あれって本物のエルフ……よね?」

 そう。あの怖ろしい『魔法薬』に刷り込まれた<意志>は、間違いなくエルフの姿をしていた――それは何故か。

「わたしたちのような、侵入者を排除するため?」

 タバサの発言に、太公望は首を横に振った。

「いや、あれはあくまで薬効を象徴するような存在であって、決して<夢世界>への侵入者を怯えさせるような意図で作られたものではなかろう」

 そもそも、このハルケギニアには太公望が実行している<夢渡り>と同等の効果を持つ魔法は存在していない。それは、これまで太公望が行った調査によって、ほぼ確定している。太公望の発言を受けたタバサは、考えた。すぐさま、とある結論に辿り着く。

「まさか、ジョゼフ王はエルフと通じている……?」

 タバサは、その考えを口にした後――初めて、ジョゼフ王に対して畏れを抱いた。それならば、納得がいくことがいくつもあるのだ。母を狂わせた『薬』の入手先が一切わからなかったこと。そして、ハルケギニアでどれほど探し求めても『解除薬』の入手はおろか、作るための手がかりすら得られなかったことについても、エルフが関わっているとなれば、容易に説明がつく。しかし、コルベールがその考えを遮った。

「いや、あくまでそれは推論ですぞ? 結論を焦ってはいけません。確か、ガリアの東端はエルフの住まう土地と国境を接していたはず。私が実際にそこへ行ったわけではありませんが、その地にはごく僅かながら、東方諸国やエルフと交易をする商人たちがいると、書物で読んだ記憶があります」

 タバサは小さく頷いた。

「アーハンブラ城。砂漠(サハラ)西端の丘にある都市。オアシスと隣接する、極東の交易地です」

 それを聞いた太公望が、首を捻って呟いた。

「もしかすると、そこからの伝手で例の『薬』を入手したのかもしれぬな。だが、エルフと裏で何らかの取引をしている可能性も否定できない状況だ。どちらにせよ、ジョゼフ王が容易ならざる『手』の持ち主であることに変わりはない。気を引き締めてかからねばのう」

「ミスタの言う通りだわ。どんな状況でも動けるようにしておかなきゃいけないわね」

 キュルケの言葉に頷いた太公望は「そういえば……」と、手をぽんと叩いた。

「その件で思い出したのだが。例の娘御について、タバサの母君に念のため確認をしておいたほうがよかろう。そうでないと、あの者がどこかで人質になっていたからこそ、おぬしたちへの監視が緩かったという可能性を捨てきれぬのだよ」

 ――例の娘。夢の中で出逢った、タバサにそっくりの少女。タバサを「おねえさま」と呼び、オルレアン公夫人の記憶の中へ消えていった謎の存在。

「わかった。このあと、聞きに行く」

 そして、タバサはさらなる衝撃を受けることとなる。


○●○●○●○●

 オルレアン公夫人は、最初にその話を聞いたとき――心の内に秘めた動揺を娘に悟られまいとするだけで、精一杯であった。しかし、その『陽光の少女』が最後に言い残したというメッセージを聞いた途端。両手で己の顔を覆い、首を左右に何度も激しく振った。

「おおおお……そんな……まさか、あの子が、このわたくしを……?」

 オルレアン公夫人は、指の隙間から絞り出すような嘆き声を紡ぎ出した。

「許してちょうだい。いいえ、憎んでちょうだい。シャルロット……あなただけではなく、あなたの妹すら救ってやれなかった、この無力な母を……」

 ごめんなさい……ごめんなさい……。ひたすらにそれだけを呟きながら、両目からとめどなく涙を溢れさせる母を、タバサはただ静かに抱き締めることしかできなかった。

 ――それから、しばしの刻が流れ。ようやく落ち着きを取り戻したオルレアン公夫人は、娘に語り始めた。タバサ――シャルロット姫が誕生した15年前。ティールの月、ヘイムダルの週、エオーの日、8時10分過ぎに起きた出来事について。

「シャルロット。あなたは、知っていますね? ガリア王家の紋章に隠された意味を」

「はい。交差した2本の杖は……遙か昔に、王冠を巡って共に倒れた双子の兄弟を慰めるための……」

 そこまで言って、タバサは気が付いた。母が、これから自分に対して、何を言おうとしているのかについて。

「あの日、この世に生まれ落ちたのは……シャルロット。あなただけではなかったのです。あの運命の日。わたくしたち夫婦は、天よりふたりの子を授かりました」

 ――ガリア王家における最大の禁忌、それは『双子』。かつて国内で起きた、血で血を洗うような内紛と悲劇を繰り返さぬため、もしも王家に連なる者に双子が生まれた場合、後に生まれた者の命を奪う、あるいは二度と戻れぬ遠い場所へ流すという習慣がある。

「ですが、ガリア王族の禁忌がゆえに……あの子の命を奪うか、あるいは決して他人の目に触れぬ場所へと流すか。そのどちらかを選ぶしかなかったのです! 何故なら、あのときのわたくしたちは、王族であることを捨てることすら許されなかったから!!」

 オルレアン公夫人は、タバサの身体にしがみつき、大声で泣いた。

「だから、わたくしたち夫婦は選んだのです。あなたの妹を、遙か遠い地へ捨てることを。あの娘が、その後どうなったのか……どこへ流されたのかすら、わたくしは知りません。我が子の行方を尋ねることすら許されなかったのです――禁忌がゆえに」

 滂沱の涙を流しながら、許しを請う巡礼者の如く、夫人は言葉を紡いだ。

「それなのに……あの子は……名前すらつけてやることができなかったあの子が! この非情な母を、ずっと、護って……くれ……て……おお、おおお……!」

 泣きじゃくる母親を胸に抱きながら、タバサは震えていた。わたしに、双子の妹がいた。しかも、その妹は……遠い地へ捨てられて、今は行方不明だという。

 <サモン・サーヴァント>が、何故自分と太公望を結びつけたのか。タバサは、その理由がようやくわかった気がした。

 12歳で劇的に変わった運命、同じ『雪風』を纏う者、復讐を胸に抱いて歩んだ壮絶な人生、そして――生き別れになった双子の兄弟との邂逅。最早、偶然などという言葉では語れない。これはきっと、必然であったのだ。

 ――もしも、わたしが彼と出会うことなく、今の『道』をそのまま突き進んでいたら。

 父を殺されたことに対する復讐だけではなく、王位の正当性を理由に軍勢を率いて、現王家を滅ぼすために動いていたのかもしれない。そして、その先に――きっと、血を分けた双子の妹と敵対する『運命』が待ち受けていたのだ。

 その後ガリアは大きく衰退し……ついには、ひとが住める場所ではなくなるほどに、朽ち荒れ果ててしまうのかもしれない。

 でも、わたしたちガリアの民は、彼ら<崑崙>の民のように、移住可能な土地も、それを可能とする『星の海を征く船』も持ってはいない。だから、きっとその後に――ほぼ間違いなく、住む場所を失った民と、そうでない者たちの間で争いが起こる。このハルケギニア全土を巻き込んだ、大きな戦乱が発生するのだ。

 この地に住まう全ての者たちが、自分が生きるための場所を確保するために、杖を、あるいは剣を持つ。それをきっかけに引き起こされる、世界規模の戦争。そんなことになれば、間違いなく大勢の血が流れるだろう。ひょっとすると……それだけでは収まらずに、エルフたちと争うのかもしれない。そして、最後には全てが滅んでしまう――。

 だからこそ『始祖』ブリミルは、それを防ぐために『事故』を起こし、彼をわたしの元へ遣わしたのだ。わたしの個人的な復讐をきっかけに始まるガリアの衰退と、それに続く滅亡の運命を回避するために。彼の故郷と同じ、滅びへの『道』を歩ませないために。

 ブリミル教に対する信仰心が極端に薄いタバサがそう思い込んでしまうほどに、ふたりの境遇は似ていた。似過ぎていた。だからこそ、タバサは決意した。ならば、わたしは歩むべき『道』を――ここで大きく変えようと。

「母さま、もう泣かないで。わたしが、きっとあの子を探し出してくるから。わたしには、わかるの。妹は……必ずどこかで、無事に生きているって」

「……え?」

 娘の言葉に、オルレアン公夫人は顔を上げた。

「そのためにも、わたしは今のまま……北花壇騎士のひとりとして、王家からの仕事を請負い続けます」

 涙で潤んだ母の目をじっと見つめながら、タバサは言葉を続けた。

「でも、今更ジョゼフ王に忠誠を誓うこともできません。こうして母さまたちを逃がしてしまってから、それを正直に明かしても……叛意ありと受け取られて、今度こそ、母娘揃ってヴェルサルテイル宮殿の城壁に、首を並べることになりますから」

 あの『人形』とのすり替え工作が、絶対に見破られないなどという保障はどこにもない。だが、タバサはそれを隠した。そして、愛する母に向かって微笑んだ。

「シャルロット、あなた……何を言って……」

「だから、今までと変わらぬ態度で王家に仕え続けます。『北花壇警護騎士団』は、ガリアの『裏』へ通じています。あそこならば、必ず妹のもとへ繋がる何かが見つかるでしょう。そこで、あの子を探し出すことができたなら……」

 母を抱く腕に力を込めて、タバサは言った。

「家族揃って、仲良く静かに暮らしましょう。地位も、あの湖畔の屋敷も……何もかも捨てて、ガリアから遠く離れた……ここ、ゲルマニアの地で」

「おお、シャルロット……! おお、おおおお……」

 ――こうして。『雪風』を纏う少女は、本来歩むはずであった歴史から大きく逸れ……父の死に関する真実と、妹の行方を追うための『道』を歩み始めた。


関連記事
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【第57話 雪風、物語の外に見出すの事】へ
  • 【第59話 理解不理解、盤上の世界】へ

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【第57話 雪風、物語の外に見出すの事】へ
  • 【第59話 理解不理解、盤上の世界】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。